読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飲み読み書き

カフェの飲み物と読んだり見たりしたものを記録しています

帝一の國


菅田将暉と、志尊淳と、野村周平と、千葉雄大と、そのた諸々たくさんのイケメンがそろう映画


政界への強いステップとなる生徒会長の座を巡って壮絶な戦いが行われる。

永野芽郁菅田将暉の恋人で、菅田将暉と志尊淳は仲良し。

新入生代表の言葉を述べた菅田将暉は幸先の良いスタートを切った

それぞれのクラスにはルーム長と副ルーム長がいて、彼らだけが生徒会長選の投票権を持っている。

ルーム長として生徒会に出席することが生徒会長への近道であるため、新入生のルーム長は強者揃いである

野村周平菅田将暉の敵で、いじめっ子でもある。

次期会長選に向けて派閥争いが始まって足の引っ張り合いや賄賂など、様々な手法でそれぞれが票を得ようとする。

新入生は派閥に入り、精力的に応援することで次期会長にまた一歩近づくため、菅田将暉も一生懸命に票集めをする。


があらすじです

イケメンが多すぎてすごい!わーい!みたいな気分になります

菅田将暉くん(役名わすれた)が生徒会長を経て内閣総理大臣になりたかった理由が切なくて、すこしほろっとした。

家柄と実力で戦うイケメンたちはかっこよかったです

あと志尊淳くんがめちゃくちゃ可愛いです。

番宣でたくさん出てるので眼福です…

映画内の派閥争いは、まるで現実世界の派閥争いを表しているようで面白いです。

学校の名前が開成中学をイメージさせる感じで、御三家男子中高!って感じでした

竹内涼真くんがまた良い味を出していて、軽いノリと真面目さ、人望の厚さを良い感じに演じていて注目してほしいところです。

時をかける少女でも黒島結菜ちゃん、菊池風磨くんと共演していてこの三人が大好きになってしまった…

千葉雄大がアラサーなのに学生役やっていて年をまったく感じさせないのも驚きでした


エンディングはクリープハイプのイトで、イントロがキャッチーで口ずさみたくなるようなメロディです

永野芽郁ちゃんが赤いワンピースに赤いストラト持ってステップを踏んでいるのが本当に可愛くて、最後まで楽しく見てしまいました…